学びのアウトプット

なぜカートが人生とリンクするのか?

そのハンドル誰が握っている?

カートを乗るときは、自分がハンドルを握ります。

たとえば、自分が車を運転しています。

助手席の人が突然ハンドルを握ったらどう思いますか?

 

ちょー怖いです!

 

むかーしやられた事ありまして、もうブチギレました。

本気でおこりました。

そいつは、事故しても自分の車じゃないから関係ないって思いからだそうで、

もう連絡とっていませんけど

 

さて、これを人生に置き換えてみると

自分のハンドルのはずが、

いつのまにか、国、世間体、上司、部下、親、家族、親戚、他

自分以外になっていませんか?

 

自分のハンドルは自分で握る

今を生きて、自分を生きよう。

 

「カートから人生を学ぶ」

なぜカートから人生が学べるのか?

体験談のお話をします。

 

ある事業主の話。

 

全く興味ないけど、カートに乗ってみた方がいます。

 

まず、行くまでにワクワク。

恐る恐る乗ってみるとワクワク

そして、楽しかった〜

 

そのあとがすごい

 

やりたい事がどんどん出てきた。

歌に、踊りに、よさこい祭りに、三味線に

 

もうびっくり!

 

カートって行くまでも楽しめちゃう乗り物なんです。

行く事が決まってからはもう楽しみで仕方ないです。

そして、ワクワクが続きます。

これって、小さい頃遠足を思い出しますね。

 

ワクワクする事って大人でもできるんです。

 

そして、体験する。

 

カートが楽しいかどうかより、

自分は何がやりたかったのかが出てきたらこれ、すごいことです。

 

スポーツの中でも、参加できるスポーツって。。。

上手い下手はあっても、

カートは当事者になれるので、自分の裁量が全てなんですね。

 

だから面白い。

 

こんな新しい体験を沢山の方と共有しています。

 

-学びのアウトプット

© 2020 WAKUWAKU RACING POWERD by イキテク Powered by AFFINGER5