レーシングカート 学びのアウトプット

レーシングカート を別の角度から見てみる!

 

 

レーシングカートってイメージはなんか車好きなのねってイメージかもしれません。

しかし、全く興味ない人でも一度乗ってみる事をおすすめします。

その理由とは・・・

 

カートは最高の教育の場

レーシングカート が何故最高の教育の場なのか?

モータースポーツで1番大事な事

たくさんありますけど、1番はなんだと思いますか?

私は、ルールを守る事だと思います。

どんなスポーツでもルールがあります。

ルールを守らないとどうなるのか?

怪我したり、迷惑かけたり、そのスポーツが2度と出来なくなります。

プロの世界でも様々な事件がありますね。ルールを守らないって事です。

モータースポーツの場合、最悪、死亡事故などもあり得ます。

だからこそルールを守る事が大事なんです。

 

危ないってだけで判断はしないでください。

そのルールを守って、精神力鍛えて、冷静な判断力を養う事が出来るようになるのが、レーシングカート と思います。

私が、実際にレースをした事で、熱くなった時でも冷静に物事を見るようになれたのもあります。

なので、教育としては、ルールを守る事を教え込まれます。

そして、子供が始めるなら大人社会との接触です。

自分だけが走るわけでもない、大人もたくさんいます。同年代もいます。

学校も違う、学年も違う、そういった人とコミュニケーションをとる事ってすごく大事です。

家族といつもの友達と先生だけの世界観と、一般社会との世界観、どちらが広がりそうですかね。

そう言った意味があり、カートは最高の教育と私は思います。

やりたい事がないならカートに乗れ!

やりたい事がないって方、本当にそうでしょうか?

それ、言えないだけじゃないですか?

本当は奥底にあるのに。。

それでも出せないなら、カートに乗りましょう。(公式LINEでカートツアー企画しています。)

カートに乗るとハンドルは誰が持ちますか?

そう、あなたです。

コースインするともうそこは、全て自分の裁量です。

自分でアクセルをふみ、ブレーキをふみ、自分でハンドルを握るんです。

自分の人生のハンドルは誰が握っていますか?

誰かに握られていませんか?

人生のハンドルは自分が握るものです。

その擬似体験が出来るのがレーシングカート です。

速く走らないととか、上手にとかは一切必要ありません。

最初はゆっくりで良いのです。徐々に走れるようになりますから。

そして、走ってみると以外と面白い事に気が付くと思います。

そう、自分の人生のハンドルは自分で握るから楽しいのです。

そろそろ誰かのせいにして人生逃げるのをやめませんか?

やってみると、自分がやりたい事が少し見えてくるかもしれませんし、きっかけになるかもしれません。

本当か嘘かは、あなたが体験してみてください。

それでもカートに興味なく、別のことがやりたいって思ったなら、それは何かを知るキッカケになると思います。

 

あなたの人生のハンドル、誰が握りますか?

 

仲間がいない?心配するな!俺も1人だ!

1人だからなかなか行くきっかけが無い。とてもわかります。

私も1人ですから。

タイミング合えば一緒に行きましょう!(公式LINEで企画中)

モータースポーツは1人でも始められます。

そして、行く仲間がいるともっと楽しめます。

私は、いつも1人ですけど、心配入りません。

1人でも十分楽しめます。

 

これからどうして良いかわからない、ならカートに乗れ!

人生に不安があるって状態

だったらカートに乗りましょう!

乗ればわかります。

乗らないとわかりません。

自分で運転するって結構面白いですよ。

多分言ってもわからないと思うので、乗ってから考えてみてください^^

興味なくても乗ってみると何か見えるかもしれません。

先ほども書きましたが、乗って運転してみると、これじゃないな、あれかな。こう言ったのじゃなくて・・・

何かが芽生えてきます。そうパッションが!

やりたい事がわからないならなんでもいいからやってみましょう!

それすらわからないならカートに乗ってみてから考えてみましょう!

必ず何か見えてくると思います。

人生不安です。だったらカートに乗れ!

これから人生が不安。

でも、思い切り何かをしてみたいと思いませんか?

思い切りしたいけど、出来ない。不安ばかりやってくる

どうしてだろう・・・

何か完璧求めていませんか?

完璧から考えてるからおそらく不安なんだと思います。

こうでなくちゃ、こうなっていないと・・・・

それはそれでいいのですが、

それよりカート乗りませんか?

いったんその場に問題は置いて、

カートに乗ってみると、何か解決策がぽっと出てきたり

すぐ出てこなくても何かをやってみようと思うかもしれません。

そしたらしめたもんです。

だからカート乗ろうぜって言っているんです。

もちろん、これが、別のものでも良いです。

サーフィンだったり、スノボーだったり、山登りや釣りだったり

何かを体験してみると必ず、何かが出てきます。

これは、自分しかわからないものなので、

私はガイドをするような感じではありますが、

自分で見つけてください。

見つけられないって方は何度もカートに乗りましょう!

何かしらの結果は必ず出る事でしょう。

 

まとめ

モータースポーツは危険ってだけの側面でみると非常にもったいないです

間違った見方です。

なので、多角面をみて、危険をカバーするのがルールです。

ボクシングも、グローブ、リングの中、時間、決められていますよね?

それを守らなければ、障害罪です。

だから、一面だけでなく、それをカバーする面、様々な面からみると、

一度カートに乗ってみて、ハマったらまた行きましょう!

つまらないと思う方は、何かが楽しくてそう思う事なのでやはり何かあるじゃないですか^^

なので、まずは、カートに乗ろうぜ!って事を伝えたいです。

メッセージやコメント大歓迎です!

-レーシングカート, 学びのアウトプット
-, , , , , , , ,

© 2020 WAKUWAKU RACING POWERD by イキテク Powered by AFFINGER5