レーシングカート 学びのアウトプット

ワーキングホリデーでオーストラリアへ!カートレースへ出場してきた!(2005)

オーストラリアに行ってきました!

ワーキングホリデー制度を利用して、海外でレースをやると言う夢を叶えて来ました。

英語?  I have a pen

だけです。

とりあえず、パスポートと着替えを3日分ぐらいかな。それだけ。

チケット買って、ビザとって、宿は取らなかった。

宿って言っても予約英語じゃん。わかねーし。

なので、とりあえず乗り込んだ!

 

まずは、シドニー空港について、電車でセントラルステーションへ!

セントラルステーションは、シドニーの中心的な駅です。全ての電車はここを起点に考えるととてもわかりやすいです。

到着当日は、もうウキウキ!って最後まで楽しかったですけど

まず、宿。その前に、朝6時頃ついたので、サーキュラーキーって駅へいきました。

有名なハーバーブリッジがある所です。

右も左もわからないけど、何もかもが新鮮!

初日から数日はバックパッカーへとまりました。

その後、留学エージェントを訪ねて、ホームステイを紹介してもらいました。

学校も同時に紹介してもらいました。

最初は学校へ通いました。

まずは、英語をって事で、語学学校へ行きました。

3ヶ月ほど。

二つの学校へ行きました。

どちらも楽しかったです。

そして、その後はファームでバイトに行きました。

体験した事のない事だったので、やってみようって事で。

 

そして、ファームの仕事から帰ってきたら早速

 

カートショップを探しました。

 

シドニーへ戻り、ってその前にメルボルンへ行きました。

数日泊まってからシドニーへ

そして、カートショップを探しつつ、まず週末のレースをみに行きました。

週末なので、大勢の方がいましたね。

写真とっておけばよかった。。

そこで、出会ったのが、GOLDKART.com.au

ここで、カートを買いました。

その時のカートがこれです。

ちなみに、磨きました。

部品を一つ一つ磨きました。

それでここまできれいになりました。

シートは新品入れました。タイヤも新品入れました。

もともとは、ボロボロで、真っ黒で、サビサビでした。

そこから磨いて磨いて、ここまできれいにしました。

楽しかったなあ〜

 

値段は2000AUDでした。大体、18万ぐらい?かな。

帰国する時には、1500AUDで買いとってもらいましたので、実質500AUDだったわけです。

そして、購入後は磨く磨く

その後、練習へ。

そして、ライセンスを取得

英語で全然わかんないけどなんとかフィーリングで取りました。

講習と実技があって数週走って、OK。

質問と答えが全く意味わからないけど、なんとなく読めた。

あとは、一緒にライセンスとってる方に答え教えてもらった。

全部丸写し。笑笑。だいぶ助かりました。

その時の写真です。

そして、各サーキットでのライセンスも必要なので、取りました。と言ってもメンバーズカードですね。

Picton Karting Track

Butterfly Farm

あとは、耐久レースのライセンスだったかな。

耐久レースはクラス優勝してました。びっくり。

色々なサーキットへ行って、走りましたね。

とにかく、楽しかった。

好きな事をやっているし、仕事もしながらだけど、カートに乗ってる時が至福の時でしたね。

レースは3戦だったかな。出たと思います。売る覚え。

サムライジャパンとして。参戦!

速い人は速いけど、とにかく楽しめた。

当然、英語のアナウンスしかないので、よく聞いてないと自分がいつコースに出ていけばいいのかわからないしwww

かといって、リスニング得意でもないです。

フィーリングです。全て。

そして、なんとかなりました。

お店の方にも手伝ってもらい完走。

夢が叶った瞬間です!

アドレナリン吹き出していました。

もう楽しくて楽しくて。

そこから練習行くと、いつもいるメンバーと仲良くなり、

でも、英語が全くわからないので何も通じないけど、

走れば言葉はいらないよね。

夜11時ぐらいまで走ったりしました。

オーストラリアは国土が広いから音とか気にならないので、

この時間まで走っても大丈夫

だから、やっぱり海外でカートをまたやりたいと思って、今に到る感じ。

もうあれから、15年?まじか。

ちょっとそろそろオーストラリア行かないとね。

コロナの具合次第だけど、必ずいきます。

そして、カートレンタルしてレース出ようかな。

体持つかな。^^

まとめ

オーストラリアでは、カートがやりたくて、行きました。

ワーキングホリデー制度を使ったので、次回は、観光ビザなんですが、

世界中どこにいてもカートが出来る環境を整えたいと思います。

場所を選ばない仕事を作ります。

 

このサイトでは、カートをやってみたい方、興味ないけど、乗ってみたい方

是非一緒にいきましょう!レンタルカートなら誰でも乗れますよ!

オーストラリアは過ごしやすく、不自由ない国ですね。シャワー文化なので、お風呂はありませんでしたが。

食べ物も日本食あるし、5ドルステーキとVBビールがあれば良いです。

あとは、フィッシュ&チップスとハンバーガーが半端なく美味しいです!

よし、今年行こう!。今年絶対行く!決めた!

ではまた!

-レーシングカート, 学びのアウトプット
-, , , ,

© 2020 WAKUWAKU RACING POWERD by イキテク Powered by AFFINGER5